各テーブルが必ず注文する「酸菜白肉鍋」

酸菜は発酵した白菜の漬物、白肉は豚バラ肉のことだ。この両者を融合した世紀の発明はつまり「酸菜白肉鍋」。爽やかな酸味を持つスープにバラ肉をしゃぶしゃぶすることで、脂が適度に落とされ、いくらでもぺろっとイケちゃいそう。さらに脂の甘みがスープに溶け出し、後半戦になってくるとスープの味わいがどんどん深くなる。ほかに高級路線のお店もあるが、手頃な酸菜白肉鍋を食べたい時、庶民的な「長白小館」がイチオシだ。

結合了酸白菜與滑嫩白肉的酸菜白肉鍋,可說是跨世紀的一大發明。在帶有開胃且去油解膩的酸味湯頭中,將已經過初步處理的白肉涮上幾下。去除多餘油脂的白肉,讓人一吃就停不下來。湯頭也是越煮越引人著迷的入味。雖然也有其他要價不便宜的酸菜白鍋名店,但每當想吃酸菜白肉鍋時,總會先想到價格親民的「長白小館」。

赤身の肉では味わえない白身肉の滑らか食感

店内はローカル食堂のような雰囲気。お店に発酵白菜のお酢のような匂いが充満している。鍋は小、中、大と特大の4サイズ、お肉や発酵白菜、凍豆腐、野菜などが付くセットになっている。白肉は豚のバラ肉のことだが、蒸すことで余分な脂を落としてから、さらに冷凍後に極薄にスライス。手間がかかる白肉は赤身肉にはないツルツル食感。スープに発酵白菜、カニや椎茸の旨味がミックスし、また白肉をしゃぶしゃぶするたびに、脂がスープ溶け込み、ますます深い味になっていく。この組み合わせは本当に最高。無限に食べられるような気がする。

店內是無多餘不必要裝飾的庶民食堂氛圍,充滿著酸白菜的醋味。火鍋有分小、中、大、特大等4種尺寸,都有附肉片、酸菜、凍豆腐及青菜,吃不夠再單點即可。經典的白肉就是帶有厚厚肥肉層的豬五花肉。事先經過蒸煮的處理來去除多餘的油脂,並且還要冷凍,才能切出眼前這口感絕佳的極薄肉片。費工處理過的白肉,吃起來滑嫩無比。涮鍋時白肉的油脂再融入了酸白菜、螃蟹、香菇及蝦米的湯頭,美味不斷持續提昇。這組合總是會讓人吃的欲罷不能啊。

つけダレの調合も十人十色

お店推奨の割合は胡麻ダレ2さじ+豆腐乳、おろしニンニク、チャイブソース各1/2さじ。あとお好みで刻みネギやパクチー、ラー油、ごま油などでアレンジ。個人的にパクチーもっさりが好きだが、ほかに何か変わったオススメのブレンドレシビがあれば、ぜひ教えて下さい。

如何在千百萬種組合中,調配出符合自己個人口味的沾醬,這也是一門學問。不知道該從何著手的沾醬菜鳥,不妨就從最基本的芝麻醬2匙+豆腐乳、蒜泥、韭菜花醬各半匙開始吧。再逐步依個人喜好加入蔥段、香菜、辣油、香油等來做變化。你的沾醬黃金方程式是什麼呢?歡迎不藏私大公開。

  • 店名:長白小館
  • 住所:106台北市大安區光復南路240巷53號
  • 電話:02-2751-3525
  • 営業時間:昼11:30〜14:00、夜17:00〜21:00
  • 定休日:月曜
taiwanbiyori #台湾日和 #taiwan #台湾 #台灣 #台北 #taipei #台湾観光 #台湾旅行 #台湾情報 #旅行 #travel #鍋 #長白小館 #酸菜白肉鍋 #台湾グルメ #火鍋 #hotpot #週末台湾 #國父紀念館 #東區 #イロイロ遊び台湾 #meetcolorstaiwan #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #olympus #オリンパス

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top