台南名物の「蝦仁飯」を台北で堪能

MRT善導寺駅2番出口から徒歩3分、台湾の国会議事堂にあたる立法院の近く、2020年オープンしたばかりの新しい店だが、確かな味で一躍台北の人気店となった。店名の「忠青商行」はオーナー夫婦の名前から一文字ずつ取り、組み合わせたもの。店内はいわゆる「文青風」(シンプルだけどオシャレ)の内装で、春聯や昔の窓枠、ミッシン、スーツケースが飾られている。レトロな雰囲気とは裏腹に、料理一品一品の味も、注文の仕方もとても斬新。各テーブルにQRコードが貼られており、スマホで読み取り、LINEで注文するシステムになっている。日本語表示のメニューがないが、料理の写真、値段が表示されるので、中国語で会話しなくても、自分のペースで注文できる。紙の手書き伝票もあるので、紙で注文したい方は店員に申し出て下さい。

由捷運善導寺站2號出口步行約3分鐘,在立法院商圈有間剛在2020年開店,就已經是排隊人氣店的店家。店名「忠青商行」是取自老闆夫婦兩人的名字所命名而成。裝潢走懷舊復古文青風,店內裝飾著春聯、舊窗框、縫紉機與老行李箱。但點餐方式與提供的餐點,卻一點都不復古,反而非常的新穎。桌面上有貼QR CODE,用手機讀取後,以LINE來參考菜單及點餐。

進化系の台湾食堂

オーナー夫婦は両家(本省と外省)家庭の味をより多くの方に楽しんでいただきたい思いでこの店を開いた。蝦仁飯(エビ炊き込みご飯)はもともと台南以外であんまり見られないローカルフードだが、オーナーが台南流の作り方をアレンジし、自分が思う理想の蝦仁飯に仕上げた。ごはんは生米からエビの出汁と一緒に炊いたもの。仕上げに煮詰めたエビのタレをかけ、一個一個手作業で殻を剥いたエビを乗せた一杯。口に入れた瞬間、エビの旨み、香りが口いっぱいに広がる。写真は+45元でエビを増量したもの。

老闆夫婦是本省與外省家庭的聯姻。開店的初衷是希望讓更多人品嚐到綜合了本省及外省口味的家常菜。招牌菜之一是在台南以外少見的蝦仁飯。改良了使用火燒蝦的台南作法,老闆重新詮釋了自己心目中理想的蝦仁飯。生米加入鮮蝦高湯所烹煮成的飯,再加上特調醬汁與費時手工剝殼的鮮蝦。一入口即可感受到蝦子滿滿的鮮味與香味。照片的蝦仁飯是+45元升級的蝦仁增量版。

すべての料理がワンランク上の味

もう一つの看板メニューは手切威士忌牛肉燥飯(牛挽肉丼)。牛肉の旨味を引き出すために、煮汁の隠し味にウイスキーを使用。また挽肉は絶妙な食感を出すため、機械ではなく、あえて手作業で切る。一口ごはんをかき込めば、箸が止まらなくなる。ほかに濃厚鶏白湯麺や炸排骨、小皿料理の花干、豆干、海帶など、どれも他店よりワンランク上の味で、本当にどれも頼んでもハズレなしだ。隣の「雙月食品社」に並び、どちらも行列の人気店だ。ぜひこの界隈へ進化し続ける台湾の味をご体験下さい。

另一樣必點美食是手切威士忌牛肉燥飯。以威士忌提味,並且為了保留牛肉咀嚼時的爽度,不用機器來絞肉,而是採費時的手工切製。絕妙的口感,讓人一扒飯就停不下來。另外還有濃厚雞白湯麵、炸排骨跟花干、豆干、海帶等眷村冷滷等,每樣都吃得出老闆在細節上的用心,道道菜色毫無冷場。隔壁的「雙月食品社」也是人氣名店。若想品嚐進化版的台灣古早味,到青島東路這來準沒錯。

  • 店名:忠青商行
  • 住所:100台北市中正區青島東路6-1號
  • 電話: 02-2356-0008
  • 営業時間:昼11:00〜15:00、夜17:00〜21:00
  • 定休日:月曜

#taiwanbiyori#台湾日和#taiwan#台湾#台灣#台北#taipei#台湾観光#台湾旅行#台湾情報#旅行#雙月#文青#グルメ#台湾料理#善導寺#立法院#排骨#食堂#ルーローハン#忠青商行#蝦仁飯#台湾ロス#イロイロ遊び台湾#meetcolorstaiwan#olympustwshare#olympus#オリンパス#台湾好きな人と繋がりたい#ファインダー越しの世界

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top