• 台湾日和_花蓮六十石山金針花海
  • 台湾日和_花蓮六十石山金針花海
  • 台湾日和_花蓮六十石山金針花海
  • 台湾日和_花蓮六十石山金針花海
  • 台湾日和_花蓮六十石山金針花海

写真愛好家の聖地

台湾の米所、台東の池上から北へ車で約40分、曲がりくねった山道を登っていくと、標高1,000メートル弱の「六十石山」頂上周辺に辿り着いた。毎年の8、9月は金針花(ワスレグサ) が満開のシーズン。山頂から見下ろす一面にオレンジに染まる金針花畑、そして連なる花蓮の山々、青い大地との組み合わせは、絶景のひと言に尽きる。また雲の隙間から降り注ぐ神々しい光に出会える確率も高く、写真愛好家の間では人気の写真スポットでもある。何度もわざわざ足を運ぶ価値がある絶景スポットだが、公共交通機関のアクセスはかなり不便のため、車をチャーターした方が無難だ。

由台灣稻米之鄉的台東池上驅車北上約40分鐘車程,由台9線彎進蜿蜒的山路後朝著山頂前進,來到海拔高度約1,000公尺左右的「六十石山」山頂附近。每年的8、9月是金針花滿開的季節。由山頂眺望山谷間一整片被金針花渲染成橘黃色的花海,還有連綿不絕的中央山脈與翠綠大地的組合,不禁令人想到杜甫的古詩「此景只應天上有,人間能得幾回聞」。並且因為花東縱谷的地形,這裡常有機會看到陽光由雲隙間注入大地,俗稱耶穌光的神奇景色。這裡是許多風景攝影愛好者夢寐以求的聖地,值得多次造訪。但缺點就是搭乘大眾交通運輸工具不便前往,建議還是自駕或是包車前往。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top