ユニークな古民家で島の風土から形成された食文化を体験せよ

澎湖篇最終回はフォロワーさんからの情報で行った素敵な古民家食堂をご紹介。ここの正式名称は「原味花菜干人文懷舊餐館」。花菜干は干しカリフラワーのこと。澎湖諸島は玄武岩とサンゴ礁で形成されたため、土地が痩せている。また冬の海風が強く、作物が育てにくいため、野菜を保存食にする文化が根付いた。保存食の食材を多用するのが、澎湖の郷土料理の特徴とも言える。また赤レンガとサンゴ礁をで造られた建物も如何に澎湖らしい。店内に入ると、使われているテーブルや椅子、飾り物も全部骨董品級のものばかり。まるでタイムスリップしたような雰囲気。電鍋の大同坊やも大量に展示されている。注文する前に、まず風茹茶をひと口。これは澎湖っ子が水がわりに愛飲し、麦茶と青草茶をミックスしたような薄いお茶。

澎湖旅記最終回將要介紹這間由台灣日和粉絲推薦而前往的特色古厝餐廳。正式店名是「原味花菜干人文懷舊餐館」。由於澎湖群島是由玄武岩及珊瑚礁所組成,因此土壤貧瘠缺乏養分。並且這裡的東北季風相當強勁,不利農作物生長。自古便有著將蔬菜進行加工保存的習慣。因此在澎湖的當地菜餚中,使用了許多加工保存食材。餐廳建築物是以紅磚及咕咾石搭建而成的古早三合院,保存了昔日澎湖老宅的風貌。店內的擺設以及所使用的餐桌椅、擺飾物也都全部都是古董級的物品。來到這裡就像是進入了時光隧道般的氛圍。在櫥櫃內也展示了許多的古董大同寶寶。在點菜之前,先喝口澎湖當地的風茹茶吧。這是澎湖人常喝的一種茶。喝起來像是混合了麥茶和青草茶味道的淡茶,很適合大口大口的喝。

ひと味違う島特有の台湾料理

料理は「鮖鮔滷肉(タコと豚肉の角煮)」、「小管烘蛋(イカオムレツ)」と「原味花菜干(干しカリフラワー)」の炒め物を注文。角煮とオムレツは台湾料理の定番だが、さらに海の幸を加えるのが澎湖流。干しカリフラワーはほんのり酸味があって、シャッキと食感が◎。どれも飾らない味で、おばあちゃんの手料理って感じだった。澎湖に行ったことがある日本の方はまだ少ないと思うが、台北の松山空港から国内線を乗れば、1時間足らずで行ける離島のリゾート。この澎湖シリーズのポストを通じ、今後は台北だけではなく、澎湖も行ってみたいきっかけになれれば嬉しいな。

由於只有兩人前往用餐,因此無法點太多道菜來介紹,有點可惜。分別點了「鮖鮔滷肉」、「小管烘蛋」與「原味花菜干」這三道具有澎湖特色的菜餚。滷肉跟煎蛋可說是常見的台灣料理,但是在加入海味加以變化,是澎湖的特色。花菜干則是帶有些微酸味與爽脆的口感,非常的爽口。每一道菜都是樸實卻又可口的鄉村風味,就像是品嚐老家阿嬤手路菜般的親切。雖然澎湖對許多人來說,是比較少頻繁前往的離島,但是搭乘國內線航班,只需不到一個小時的時間就可到達的離島樂園。也希望透過本系列澎湖旅遊景點的介紹,可以讓大家有個前往澎湖遊玩的契機。

原味花菜干人文懷舊餐館FB:
https://www.facebook.com/chenxinchenyi0118

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top