本場の台湾カステラとは

最近日本で流行っている台湾カステラ、台湾では「古早味現烤蛋糕」と呼ばれている。日本語に訳すと「昔ながらの焼き立てケーキ」。昔から存在している訳ではないが、甘さは控え目で卵の風味が際立つため、懐かしいシンプルな味わいから古早味と名付けられたのではないかと思う。SNSで見た日本で販売されている台湾カステラや台湾ドーナツ、台湾豆花とか、個人的に食べたことはないが、見た目から何だかだんだん別物に化しているような気が…….。なのでこの映像でもう一度おさらいしよう!店頭で焼き立てのプルンプルン巨大カステラが湯気を上げながら切り分ける解体ショーを楽しんでから、興奮する気持ちを抑えながら購入するのが、台湾カステラのフルコースだ。また1日でも早く、皆さんが台湾で台湾カステラを楽しめるようになってほしいなぁ。

最近是在日本街頭巷尾隨處可見,又或是在日本超商熱銷的「台灣カステラ」,日文直譯的話就是台灣蜂蜜蛋糕或是台灣蛋糕。其實在台灣沒有這個名詞,也不是什麼新玩意,它就是所謂的「古早味現烤蛋糕」。因其高CP值又不會太甜的樸實懷舊風味,也算是在競爭激烈的台灣小吃市場穩定的取得一席之地。這幾年「台灣」這個關鍵字在日本大受歡迎,也因此出現了各式冠上台灣字眼,像是台灣甜甜圈、台灣豆花等等的食物。像是在日本的中華料理店常見的「台灣拉麵」就是實際上在台灣所不存在的一道菜色。個人雖然沒有實際吃過日本近期的這類商品,但是從各個社群平台上的PO文看來,其外形以及口味似乎與真正台灣當地的食物漸行漸遠。因此拍攝的這段影片讓大家複習一下。在店門口欣賞古早味蛋糕剛出爐時,一大塊水水嫩嫩的搖晃,一邊冒著蒸氣一邊被分切的景色,才是購買古早味蛋糕的真正樂趣呀。希望疫情解封後,有更多的日本朋友能來台灣體驗真正的台灣美食。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top