• 台湾日和_花蓮海或瘋市集
  • 台湾日和_花蓮海或瘋市集
  • 台湾日和_花蓮海或瘋市集
  • 台湾日和_花蓮海或瘋市集
  • 台湾日和_花蓮海或瘋市集

台湾イチ野生的なフリマ

毎年7月の第一週目に花蓮の海辺で開催される「海或瘋(バイホーフォン)市集」。最初は2010年からたっだ数人の地元アーティストが、エコとオリジナリティをコンセプトに発足した名もなき集まりだったが、そのユニークさが人気を博し、現在は海外の方もわざわざ出店するほど、夏の花蓮の一大行事になっている。2020年の開催はコロナで延期になったということもあり、9月中旬に花蓮に旅行する際に、運よく念願の海或瘋デビューを果たした。ここは非営利フリマのため、出店は事前公募で決まり、基本的に出店代はかからないが、売上の10%を寄付し、これでフリマの運営が賄われているようだ。

每年7月的第1週在花蓮壽豐海邊舉辦的海或瘋市集。一開始是在2010年,以環保以及原創為主題,由幾位花蓮當地藝術家隨性發起的活動。由於其獨特的氛圍漸漸的受到人們關注而擴大規模,發展至今已是許多海外藝術家會特地前來參加的花蓮夏日一大盛典。2020年因為疫情而延期至9月中舉辦。海或瘋是非營利性質的市集,所以設攤是事前透過臉書報名而選定的。基本上不收費用,但是需捐出10%的收入來負擔一部分的市集營運成本。

  • 台湾日和_花蓮海或瘋市集
  • 台湾日和_花蓮海或瘋市集
  • 台湾日和_花蓮海或瘋市集
  • 台湾日和_花蓮海或瘋市集
  • 台湾日和_花蓮海或瘋市集

商売する気さらさらない

幹線道路側の入口から進んでいくと、最初は比較的に食べ物や飲み物を販売する屋台だが、海辺に進むにつれ、どんどんディープな世界になっていく。屋台は流木やその場で切った雑草、竹で建てられたのがほとんど。ハンドメイドの作品を始め、ヘナやドレッドヘア編み、手彫りタトゥーから、オーラ占い、お互いの人生経験を語り合うなど商売気ゼロの脱力系屋台まで揃っている。また何箇所のステージでインディーズミュージシャンやDJが演奏したり、スピリチュアな音楽に身を任せて踊ったりする方も多い。訪れる方も出店している方も、日焼け止めって何?と言わんばかりのブロンズ肌色だったり、エスニック系服装の方が多い。フリマ全体が盛大なヒッピーパティーのような雰囲気。夕日が沈んでも、10時半の消灯までパーティーが続く。ここの魅力は世間でいわゆる主流の物事ではなく、あえて人間そして自然の原始的部分にフォーカスしているところではないかと思う。現代化社会を一旦離れ、人間としてありのままの姿に戻れるオアシスとも言えよう。本当に自然エネルギーが溢れる花蓮に最適な青空フリマだ。

在靠近省道的入口處,多半是販售食物或飲料的攤位。越深入市集內,逐漸進入了一個非日常氛圍的奇特世界。攤位大多用海邊漂流木以及就地取材的雜草所搭建。有許多獨特手創作品、印度henna彩繪、編髮、手工刺青、占卜或是交換彼此人生故事等等的獨特攤位。會場內有幾處不同的舞台在演奏各種地下音樂或是DJ表演,也看得到許多隨著音樂盡情擺動身軀在跳舞的人們。不管是擺攤者或是造訪者,許多人都是一身古銅色肌膚,或是一身民族風服飾打扮。市集整體就像是一個盛大的露天嬉皮party般的愉悅。隨著夕陽西下,party將一直持續到10點半熄燈為止。海或瘋的魅力在於不受限於世間主流框架,而是赤裸裸的呈現出人類最自然原始的部分。這裡也可說是跳脫現代社會,令人返樸歸真的心靈綠洲。這般充滿自然能量的市集,再適合花蓮不過了。

海或瘋市集 FB:
https://m.facebook.com/wildmarket2021/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top